JUL.18.2017
SOCIAL NETWORK SHARE :

なぜ、ものづくりに関わるのか WHY I AM IN THE MONOZUKURI INDUSTRY

6月から合流したプロジェクト・マネージャーの小高阿羅漢(こたかあらか)です。

新たな出発ということもあり、自身の紹介も兼ねながら、改めて私が「ものづくり」に関わっている理由を振り返ってみました。

もしよろしければお付き合いいただけましたら幸いです。

この業界に入って感じたこと

小さな頃から、絵を描く、工作をするなど、ものをつくることが好きなため、大学ではデザインを学ぶことに。

そこで、何かの目的のためにつくる、つくる理由を考える、ということに興味を持ちました。同じ課題でも、つくり手が変わると表現も変わる。それはとても面白く、難しく、やりがいがありました。

卒業後は、制作会社にアカウント・プランナーとして拾っていただき、お客さまの課題を聞き、それを解決するためにものをつくる必要があることを実感しました。

そこからウェブ制作会社を経て、ユニエルへ合流。常にお客さまと直接お話できる職種を続けているからなのか、その実感は少しずつ強くなっています。

この仕事の幸せなところ

この仕事ならではの特徴だと思うのですが、幸せに感じることが2つあります。

1つめは、さまざまな業界に関われること。

さまざまな業界のお客さまと一緒にお仕事をすることが多く、その業界の情報に触れることで、新しいことを知る楽しみがあります。「こんな事情があるのか」と勉強になることも多いです。

こんなに多くの業界に関わらせていただける仕事は、あまり無いのかなぁ、と。

2つめは、チームでものをつくれること。

ウェブサイト制作を例にすると、①お客様からお話を伺い相談し、②みんなで方向を考え、③デザイナーの力でビジュアルが生まれ、④エンジニアの力で動きが加わる。

というように、みんなで考えながらも、その工程のプロが主導でクオリティを上げていく度に、何とも言えない高揚感を覚えます。

大きな規模になれば、撮影やコピーライティングなどチームメンバーが増えるため大変さもありますが、気持ちのよい瞬間も増えていきます。

他の業界へ移ることができないのは、これが理由なのかもしれません。

大切にしていきたいこと

「提案」を忘れないようにしたいと考えています。

プロモーションや表現の企画に限らず、プロジェクトの進め方でも、今回のつくるものに直接関係の無いことでも。

それがお客様について考えることの結果であり、ただつくるだけではなく「なぜつくるのか」を達成することにも、よい形でつながる方法のひとつだと考えています。

さいごに

とはいうものの、自分がどこまで実現できているのか…。

いつまでも勉強することは多く、大変な場合もたくさんあります。

それでもやめる気が起きないのは、好きだからなのかなぁと。

 

ユニエルはものづくりが好きなメンバーばかりのため、これからも楽しみです。

My name is Araka Kotaka, and I started working here as a project manager this June.

Today I decided to write about why I am in the ‘monozukuri’ industry, along with a little introduction about myself.

What I feel about this industry

I’ve always loved creative works such as drawing, crafting, so it came natural to me to study design in university. And I piqued my interest in the reasons behind creative works there. At the university, we were all given the same exact assignment, but we each interpreted it in different ways and came up with completely different things. I found that quite fascinating. Seeking for deeper meanings of each assignment and coming up with ideas to support my ideas were always difficult, but it was so much fun.

Things that make me happy

There are two things I especially love about monozukuri.

1) being able to work with people from other industries

Working with people from other industries give me the chance to learn things that are outside of my territory. It’s quite interesting to learn about their jobs. I feel that this is one of the main advantages of working in this industry.

2) being able to work in a team

To take a website for an example, there are about 4 steps in order to create a website; firstly 1) we consult with client, then 2) we discuss ideas with team, and then 3) designers create visuals, and lastly, 4) engineers add effects. Working in a team and seeing each professional take the lead and enhance the quality of the website give me such an adrenaline rush. Bigger the project is, bigger the team is going to be. There might be more obstacles when working with more people, but it also means there will be more excitements.

What I mentioned above are the reasons why I stick with this industry.

My motto 

One thing I always keep in mind when working is to always suggest ideas.

Ideas for promotions, ideas on how to proceed the project..It doesn’t matter if the ideas directly affect the project or not as long as they help my clients. I believe suggestions enables us to create a product with a detailed background, rather than one that only looks good on the outside but has no deeper meaning behind it.

Conclusion

This blog probably makes me sound like a king of monozukuri, but there are still a lot of things to learn our there, and it definitely is not easy. But the reason why I never feel like leaving this industry is simply because I love it.

Every UNIEL member is just like me – they are all passionate about monozukuri, so I am looking forward to finding out what can offer to the world.

 JUL.18.2017
SOCIAL NETWORK SHARE :