P
R
O
J
E
C
T

PARENT AND CHILD WORKSHOP

S C R O L L

"知る"から"作る"までのかいだんを歩んでください。

Taking steps up from “Getting to know” to “Making”.
RELEASE DATE
2016.07.30
PROJECT NAME
PARENT AND CHILD WORKSHOP
CLIENT
-

P U R P O S E

プロジェクトの目的
  1. コンセプト設計とデザイン展開

    Designing concepts and developing designs

  2. 親子に笑顔を届ける施策

    Policy to deliver smiles to parents and children

  3. 花火とプログラムを楽しく学べる仕組みづくり

    Fireworks and making a system for them to have fun with and learn programing

  4. デザイン・演出面でのサポートを行う

    Provide support in design and with direction

おやこもの作りたいけんは、AMG Solution inc.が社会貢献の一貫として子どもたちにプログラムを楽しく体験してもらうために行っていたイベントです。
弊社が関わらせていただくことで、デザインや演出まわりを充実させ、親子で楽しんでいただくための仕組みづくりを行いました。

The experience of making things for parents and children is an event for experiencing programming fun as a social contribution by AMG Solution inc.
We helped to fulfill designs and directions and made the system in order to make them have fun.

W O R K F L O W

W O R K F L O W

FLOW
0 1 0 2 0 3 0 4 0 5 0 6

制作ワークフロー

  • ヒアリング・インタビュー HEARING・INTERVIEW
  • カスタマーインタビュー CUSTOMER INTERVIEW
  • エディトリアルデザイン EDITORIAL DESIGN
  • ウェブデザイン WEB DESIGN
  • コーディング CODING
  • エフェクト EFFECTS

O U T P U T

制作物のご案内
  1. 参加したくなる、わくわくするイベント告知サイト

    A thrilling event announcement website that makes everyone participate

  2. 学んだことが即座に書き込める、自由研究に役立つドリル作成

    Worksheet making that is useful for research projects and can be filled in as you learn.

  3. 子どもたちが少しでも笑顔になれるような会場演出

    Venue direction to make children smile even just a little

  4. 親子で夢中になったデジタル花火の作成体験

    Experience making digital fireworks absorbed together with parents and children

  5. 子どもたちがつくった花火を打上げる花火大会

    Fireworks festival to set off fireworks made by children

  6. イベント中の奮闘する姿を撮影、エンディングにてスライドショーで披露

    Filmed them struggling during the event and showed a slide show at the end.

PC WEBSITE

SIGNBOARD

PROGRAM EXPERIENCE

PLANNING
Masahiko Tamarimizu,
Kazuki Noda
ART DIRECTION
Kazuki Noda
DESIGN
Kazuki Noda,
Maho Noda
FRONT END
Hirokazu Goto
BACK END
AMG Solution inc.
MOTION
Hirokazu Goto
SOCIAL NETWORK SHARE :