NOV.19.2019
SOCIAL NETWORK SHARE :

4期目を終えて GREETING FROM CEO - 4TH ANNIVERSARY

いつもお世話になっている方も、そうでない方も、ご覧いただきありがとうございます。ユニエル 代表の野田です。
この度、私たちユニエルは、5期目を迎えることができました。

関わっていただいていただきました皆様や、ユニエルを知ってくださっている皆様には、日々感謝を忘れていません。
本当にありがとうございます。

毎年このようなご挨拶をさせていただいておりますが、
4期目はユニエルにとって、とても大きな期となりました。

まず、今まで少人数だったために関わることが難しかった大型プロジェクトの進行・制作や、長期間のプロジェクトを、基盤が固まったことや、それぞれが分業を行えるようになったこと、個々のディレクション能力の向上により、少しづつ大型プロジェクトにも関わることが可能になり、過去最大のプロジェクト公開数を達成することができました。

それは、コアメンバーが固まり落ち着いたことや、制作部分にて、暗黙知で通じ合える関係に少しづつなってきていることが大きく、関わり方やクオリティも妥協せず進められたプロジェクトがほとんどでした。

また、経験年数が少ない人材育成の機会を設け、それぞれの成長が見えるとても大きな期でもあり、一緒に制作を進められるパートナー様とも関わる機会が多くなったことから、人材の成長、パートナー様との関係値の向上が、何よりも濃い4期目でした。

会社を設立してから、遠回りやチャレンジを多くしてきたことで、今まで多くの山あり谷ありの会社ではございましたが、今まで関わっていただきました方々のおかげで安定期となり、一年間で細かな指標づくりを根底から洗い直し、社内のルール、ビヘイビアアイデンティ、制度、社内体制を自由度のある仕組みに変更し、クリエイターが育ちにくい社会の中でもクリエイターが自走しやすい環境へ変化させることをコンセプトに、少しづつユニエルも変革を行えるようになりました。

さらに、もう一つの変化としては、1月〜3月にオフィス移転を行い、自社で雑貨を販売するSTAYFUL LIFE STOREの実店舗、スタジオをオープンしました。
これは、小さい組織の中でも大きな投資となり、築いてきたプロセスを通してより大きな変化を遂げるための次なる大きな一歩だと確信してます。

5期目の今期では、UNIELは制作を一筋とし、STAYFUL LIFE STOREは新たな取り組みを進めていくことで、盾と矛を持ち、安定と突破力のある組織を目指し、技術力の構築、さらなるクオリティの安定性を向上させていきたいと考えています。

まだ表立ってお話はできませんが、6期目の目的も定めているため、5期目は組織としても個人のスキルとしても、アップデートを行い、力を蓄える期にします。

そのためには、私たちはまだまだ世の中への認知力がなく、吉祥寺・三鷹エリアという立地や、自身らの露出の少なさが目立つこともあるため、プロジェクトの成果や広報面を意識し、より多くの方々にユニエルの本来持つべき優位性を知っていただくことを進めていきます。

私自身の今後の展望としては、今までとは変わらず、あくまで経営者よりも一人のクリエイターとして価値を出すことを目指し、日本のクリエイティブレベルを持ち上げるため、より多くのデザイナーの人材育成を進めていきたいと考えています。

それを持続向上し続けられる環境に身を置いておきたいため、自分自身も社内で働く仲間と時にはライバルとなり、切磋琢磨しながらも新しい光を作り上げていきたいと感じています。

長文とはなりましたが、これからも、支え合える方々とご一緒できることを楽しみにしています。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 NOV.19.2019
SOCIAL NETWORK SHARE :
CLOSE