MAY.25.2018
SOCIAL NETWORK SHARE :

ディレクターのおしごと WHAT DOES A DIRECTOR DO

みなさん、はじめまして。
3月からユニエルのメンバーに加わりましたディレクターの浅瀬石 紘大(あせいし こうだい)と申します。
現在、ユニエルではディレクターは1名というチーム構成になっておりますので、ご挨拶も兼ねて、ディレクターのおしごとについて、少しお話をしてみようと思います。

ディレクターの役割とは

ディレクターの業務の幅は非常に広いため、知識も幅広く持っておく必要があります。
お客様とプロジェクトメンバーの間を取り持つコミュニケーションはもちろん、提案資料作成、見積作成、予算管理、スケジュール管理、クオリティ管理、デバッグチェック、納品、納品後のフォロー、会社によっては営業や、請求書の作成などを行うこともあり、プロジェクトを最初から最後まで関わることになります。

自分でこの記事を書いてみて、あらためて色々やることがあるなと感じていますが、0からのものづくりを100まで導くことはディレクターの醍醐味でもあり、納品後にお客様からお褒めの言葉をまずはじめにいただけることも多く、非常にやりがいのある仕事です。
更に、ディレクターは自分の得意分野を極めることでアートディレクター、テクニカルディレクター、クリエイティブディレクター、プロジェクトマネージャーといった上位レイヤーへのステップアップの幅があることも魅力の一つだと思います。

意識していること

ここからは私個人の話になりますが、ディレクターというポジションに付く上で、会社の一員として何を意識していくか、ユニエルに入社してからの約3ヶ月、いろいろなことを考えるようになりました。
それは、これまで経験を重ねる中で多くの失敗も経験し、まわりの方々に御迷惑をおかけしてきたこともあり、一度初心に戻ってリスタートを切ろうと思ったからです。
その中で、いくつか心がけようと意識していることがあります。

・コミュニケーションの頻度を上げること
・周りに目を配ること
・会社の顔であるということを意識すること

かなり当たり前のことなのですが、この3つを常に頭の中に置いて仕事をすることにしています。(できていないことも多いのですが。。。笑)
それぞれ理由はあるのですが、共通して言えることは成果物に対してのクオリティを高めるためです。
目に見えないところへの配慮や気付きができるように癖をつけることで、お客様への提案力、チームとしてのパフォーマンスをあげられると感じているからです。
この意識を常に持ち、行動することで、結果として顧客満足度が向上し次のおしごとをいただけたり、自分を含め、チームの自信にもつながっていくのではないでしょうか。

まとめ

長々と語ってしまいましたが、おしごとをしていく上で、今後、個人としてどの方向に進みたいかを考えるためのベースの考え方を確立する必要が自分にはあり、そこから極めたい方向に進んでいくべきだというのが現在地であり、勉強の毎日です。

これからディレクターという役職を目指そうと考えている方、クリエイティブ業界のおしごとを始めたいと思っている方にも、まず、ディレクション業務を覚えることはもちろん必要ですが、少し違った確度でご参考にしていただけると嬉しいです。

まだまだ半人前ですが、これからUNIELを、クリエイティブ業界を、そしてお付き合いをしてくださっているお客様を盛り上げていきますので、よろしくお願いいたします!

Nice to meet you, everyone. My name is Kodai Aseishi. I joined UNIEL this year in March. Presently, I am the only director in our UNIEL team. So, I would like to introduce myself and explain what a director does.

The role of a director

A director handles a wide range of tasks, so we need to have a broad knowledge of our work.
Our job is involved with tasks from the beginning to the end of the project, such as below:
・Acting as a communication bridge between the client and the team member
・Writing a proposal document
・Making a quotation
・Budget control
・Schedule management
・Quality management
・Debugging
・Delivery
・Follow-up after delivery
Depending on the company, directors also handle tasks such as sales and marketing, and issuing invoices.

Writing this article, I realized again that there is truly a lot to do as a director. The best part of our job is that we can get involved in the production from the beginning and lead the project to success. Also, directors are often the first to receive praises from clients, so it is a very rewarding job.
Moreover, what is fascinating about our job is that by mastering our own field of expertise, we can step up to a higher level of the job, such as an art director, a technical director, a creative director, or a project manager.

What I keep in mind

Talking about myself, it is 3 months since I joined UNIEL. I often question myself what I should be aware of when working as a director in this company.
This is because I experienced many failures in the past and sometimes caused trouble to people around me. So, I decided to go back to the basics and start again.
Since then, there are several points I commit myself to do:

・Frequently communicate with people
・Look around and observe people around myself
・Be conscious to act as a representative of the company

They are nothing special, but I always keep in mind these three points when I work. (Although there are times I cannot act this way..)
There are reasons for each point, but what is common about them is that they are important to raise quality of the deliverables.
By making it a habit to pay attention to and notice things that we can’t actually see, we can enhance our ability to make proposals and improve performance as a team.
I believe that by being conscious of these points and acting accordingly, we can increase our clients’ satisfaction as a result and get the next job offer. Also, through this experience, the team, including ourselves, can gain confidence.

Finally

Sorry, I didn’t mean to go on so long. In summary, I am currently struggling everyday to find the right direction in my life. This process is necessary for me to establish my basic way of thinking and figure out which path I want to follow and expertise.

Of course, it is necessary to learn what a director does first. However, I am glad if this article will be of help from a slightly different angle, to those of you who are setting out to become a director, and those of you who want to work in the creative field.

Although I am still struggling my way, I will work hard to bring excitement to UNIEL, the creative industry, and our clients.
Thank you.

 MAY.25.2018
SOCIAL NETWORK SHARE :
CLOSE