JAN.31.2018
SOCIAL NETWORK SHARE :

本を読むということ Why I Read

はじめまして、12月に入社しました広報兼ライターの川出ゆみと申します。

初めてのブログ更新です。

 

2018年が始まり、新しい年の幕開けとなりました。

良い区切りとして、今年の目標を胸のなかに掲げている人も多いのではないでしょうか。

UNIELは今年良い意味での変化を実現したいと考えております。

そのひとつとして、ブログにこれまでとは少し異なった内容の記事も公開していこうという決断をいたしました。

これまでのブログでは仕事観や制作について書かせていただくことがほとんどでしたが、UNIELのメンバーをより深く知っていただきたく思い、今後は遊び心を交えた個人的なブログも書かせていただきます。

 

今回はその第1回目です。

私は広報以外にもライターを担当していますが、元々ライターを目指そうとしたきっかけは文章を書くことが好きだからです。そして、文章を読むことが好きだからです。

その原点には、「本」という存在があります。

今回は、そんな「本」の話がしたいと思います。

 

新年を迎えて、人それぞれ様々な思いが渦巻いていると思います。

今まで手を出していなかったことに挑戦したい。

これまでの人生を振り返りたい。

まだ進むべき道が分からない。

未来を思って心揺れるこの時期。そんな時だからこそ、そっと背中を押してくれる、違った価値観を体験できる、新年にふさわしい本をご紹介したいと思います。

 

新しい刺激が欲しい貴方へ

<中村文則 掏摸>

現代を代表する純文学作家の中村文則。「銃」で新潮新人賞を受賞しデビュー。ドフトエフスキーを彷彿とさせる文体が話題を呼び、世間に鮮烈な印象を残しました。「掏摸」では大江健三郎賞を受賞。息もつかせぬスリリングな展開が話題を呼んだ、都会に住む天才掏摸師の物語です。中村文則が作り出す、暗く濃密な文体は唯一無二といっても過言ではなく、読者を物語のなかに引きずりこむ圧倒的な筆力があります。

あえて多くは語りたくない、ファンの間でも人気の高い衝撃作です。文章が持つ魔力に取り憑かれたように読むでしょう。

 

大切な人がいる貴方へ

<川上未映子 すべて真夜中の恋人たち>

「究極の恋愛」を描いた川上未映子渾身の長編小説。恋愛歴の少ない34歳の女性と58歳の教師の男性。2人は偶然にも出会い、恋人とも友人とも言えない不思議な関係に気持ちが揺れる。真夜中に煌く光がテーマとなった、夢をみているようにぼやけた輪郭を持った小説です。初恋を描くように表現された繊細な文章に胸が苦しくなります。読後、きっと大切な人を思い出します。

 

人生に迷っている貴方へ

<益田ミリ すーちゃんシリーズ>

イラストレーターが描く四コマ漫画の日常ストーリー。可愛らしい絵柄とは裏腹に、内容はかなりハードです。

「ああ、あるよね。こういうこと」と思わず共感してしまう個所や、グサリと刺さる鋭い描写がふんだんに散りばめられています。普段誰しも感じている不安やイライラ。

「これはどこから起こる感情だろう」と疑問に思う気持ちを、「すーちゃん」は言語化してくれます。

物語に大きな波はないけれど、気づけば不思議とほほ笑んでしまい、癒されてしまう。これは、読む人すべてが主人公になれる物語です。

「すーちゃん」

↓

「結婚しなくていいですか」

↓

「どうしても嫌いな人」

↓

「すーちゃんの恋」

 

という時系列になっています。もちろんどこから読んでも理解できるものになっているので、気になったタイトルから手に取ってみてください。

「すーちゃん」シリーズは女性向けの作品になっているので、男性には、男性を主人公にした「世界は終わらない」「俺の宇宙はまだまだ遠い」がお勧めです。

 

心を豊かにする読書体験

 

以上で3作品をご紹介しました。

気になる作品があった人も、そうでない人も、今年読みたい本を1冊決めてみることは、まだ体験したことのない新しい感性と出会える良い機会かもしれません。

お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹は「とりあえず100冊読んだらいいと思う。それぐらい読めば、絶対好きな作品が1冊は見つかるから」

と明言しています。

私はこの言葉がとても好きです。何事もまずは始めてみることからだと、背中を押されているような心持がします。

私自身、元々読書は好きなほうではなく、どちらかというと文を読むのも文章を書くことも嫌いなほうでした。

私を読書好きに変えてくれたきっかけは、高校時代に良い恩師と出会えたことです。そのときの国語現代の女性教師は、授業で習う夏目漱石の「こころ」を一文ずつ解説していきました。有名すぎる作品なので、私と同じように授業で習ったことがある方は大勢いらっしゃると思いますが、その女性教師は「こころ」に途方もない時間をかけました。終了するまでまるまる1年かかったのではないかと思うほどです。

そのおかげで、私はゆっくりと物語を楽しむことができました。

 

1ページ1ページ丁寧に進めていき、ページをめくるたびに、その世界観に深く入り込んでいきました。読書好きではない私は、何故これほどまでに心奪われるのか意味が分からず、「これはどうかしているな」と自分自身を疑いながら、夏目漱石の描く世界に恋焦がれていきました。

そうして時間は過ぎ「こころ」を読み終えたとき、最後の一文と最初の一文を声に出して読み返したとき、涙が瞼を乗り越えたことを今でもはっきりと記憶しています。内容の素晴らしさとクライマックスの衝撃、もう夏目漱石という偉大な文豪がこの世にいないという事実に耐え切れず、その次の時間に受けた数学の授業まで泣き続けました。(これは数学教師からしたらかなり迷惑だったことでしょう。笑)

 

そんな青い時代を超えて思うこと。

遅い出会いではあったけれど、あのとき読書に出会えて本当によかった。

これが全てです。もちろん、人生を豊かにすることは読書だけではありません。

しかし読書は、誰かの心にきっと存在するかけがえのないものを見つけ、再確認するかけ橋になると私は思います。思うというより、信じているという表現のほうが、すわりが良いかもしれません。

つらつらと偉そうなことを書き連ねましたが、2018年、このブログを読んでいただいているあなたにとって大切な1冊ができることを、ひそかに願っています。

 

Hello, and nice to meet you. I am Yumi Kawade. I joined UNIEL last month as a PR/writer, and this is my first blogpost here.

The ball dropped and the new year began. It is now 2018.
I’m guessing some of you have written down your new year resolutions in your heart already. As for us UNIEL, we are determined to change for the better this year.

We decided to change up our blog a bit for starters. The topics on our blog used to be limited to work related stuff like our philosophies and projects, but from this year, we will be posting more personal stuff to show you each member’s personality.

And this post you are reading right now is the first non-work related blogpost.

Like I mentioned in the beginning, I am a writer (and a PR.) The reason why I decided to become a writer is because I love writing, and literatures.

“Novels” are what made me fall in love with literature. So I would like to talk about books on here today.

You may be surrounded by new things and emotions as we welcomed a new year.
You may want to explore new things.
You may want to stop for a moment to look back on your life.
You may not know what you should do with your life.
There’s a lot of pressure around us in the beginning of year.
I would like to recommend you the books that would guide you, and would help you begin this year with a new perspective.

 

For Those Who Want To Spice Up Their Lives

<The Thief by Fuminori Nakamura>

The author Fuminori Nakamura is one of the authors who lead today’s pure literature. He achieved a national recognition with the publication of The Gun, his first novel with the influence of Dostoyevsky’s. The Thief won The Kenzaburo Oe Prize with its utterly thrilling storyline of the skilled pickpocket in Tokyo. The dark, atmospheric narrative he creates will give you the whole new experience.

Once you start reading this compelling, fan favourite novel, you won’t be able to stop. There’s nothing more to say.

 

For Those Who Have Someone Special In Your Life

<All the Lovers in the Night by Mieko Kawakami>

All the Lovers in the Night is the “ultimate love story” by Mieko Kawakami, The story centering upon a socially awkward 34-year-old female protagonist and a 58-year-old male high school teacher. They have a meet-cute and find solace and waver in each other’s companionship. This overwhelmingly poignant, glittering night themed novel will definitely make you think of your loved one after reading it.

For Those Who Feels Lost

<Su-Chan series by Miri Masuda>

Don’t be fooled by its cute illustration. The plots of this yonkoma (comic strips) series created by an illustrator are pretty intense.

She portraits situations from every day life that we can easily relate to, and the observations that are so real that we would want to turn a blind eye to. “Su-chan” speaks the anxiety, frustrations and all those emotions we feel in life for us.
Even though there might not be any “plot twists,” this yonkoma series will definitely warm your heart. Su-chan lives inside of all of us.

The series were published in the order below. However,  you can enjoy reading them in any orders, so grab  whichever you’d like, and it will soothe your soul.

“Su-Chan”

↓

“Kekkon Shinakute Iidesuka”

↓

“Doshitemo Kiraina Hito”

↓

“Su-Chan No Koi”

The majority of the readers of this series are females. For men, I recommend “Sekai Wa Owaranai” and “Oreno Uchu Wa Madamada Tooi” as these two books’ protagonist are both male.

 

Read To Enrich Your Life

So these 3 books and series are my recommendations. If you are curious to read one of them, or not – finding a book that you would like to read is a start of finding a new perspective in life.

The comedian and the Akutagawa Prize novelist Naoki Matayoshi stated, “start off with the goal to read 100 books. I assure you that you will fall love with at least one of them.”

I think this is spot on. It tells you the importance of “giving it a try.” I can feel his encouragement through this quote.

I wasn’t always a bookworm. As a matter of fact, I actually used to avoid writing and reading as much as I could.
But that changed when I met this amazing Japanese teacher during high school. She took tremendous amount of time to teach us about Soseki Natsume’s famous book “Kokoro.” We took a whole school year to finish the book. You probably learnt it as well, but I bet none of you did for a whole school year like we did.

Thanks to her, I actually enjoyed reading it. I felt like I was really in the story, seeing everything through the protagonist’s eyes as I read further in the book. The feeling I was experiencing then was totally new to me, and it was totally unexpected. I was confused. I couldn’t figure out why I was longing for turn the pages. I kept thinking, “what is happening to me?”

The school year ended and we finished reading the book. I remember a tear dropping to my cheek as we read the very first and the last sentences of the book out loud in class. I couldn’t get over how great it was. That plot twist, and the whole story! I was so upset about Sosuke Natsume, the literary giant had passed away that I kept on crying during the next class. (My math teacher must have hated me for this. lol)


Now that I’m all grown up, I am so grateful that I found love in reading. That’s all I can say.

I’m not saying that reading is the only thing that can enrich our lives. But I truly believe it can help us find, or re-find something special inside of each of us.

I hope I’m not coming off as a know-it-all type here. I am sincerely, and secretly hoping that you will find a book that will change your life.

 JAN.31.2018
SOCIAL NETWORK SHARE :
CLOSE